トピックス-TOPICS-

2019.07.28〈岐阜〉 2019年 オレンジリボンたすきリレー

「子ども虐待防止キャンペーン 第12回岐阜オレンジリボンたすきリレー」実施要綱

 

1.趣旨及び目的

 

子ども虐待は、一援助者、一機関あるいは一専門分野のみで解決される問題ではなく、多くの機関・分野の方々の協働と、市民の方々の理解と協力が不可欠である。

そこで、日頃、様々な機関・分野で活動されている方々が、一つの目標に向って子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンをたすきに仕立て、これをリレーしながら走ることにより、心を一つにすれば子ども虐待防止のための大きな力になることを示すとともに、たすきリレーを要としつつ、各地の行政や民間団体・施設などが様々な形でキャンペーン活動を行うことで、子ども虐待防止や子育て支援への市民の関心を高めることを目的とする。

また、11月は「児童虐待防止推進月間」であり、この時期にたすきリレーを実施すると共に、各地の実情に併せて、子ども虐待防止及び子育て支援関連行事を実施することで相乗効果を呼び、一層充実した啓発活動となることをめざす。

さらに関係機関が共同して取り組むことにより、関係機関相互の連携を強化し、幅広いネットワークを形成していくことをめざす。

 

 

2.主 催

オレンジリボン岐阜ネット

主 管

  岐阜オレンジリボンたすきリレー実行委員会

[構成団体]

岐阜県児童福祉協議会、岐阜県児童家庭支援センター連絡協議会、                NPO法人グッドライフ・サポートセンター、NPO法人可児市NPO協会、

NPO法人みぃーんなげんき、NPO法人キッズスクエア瑞穂、NPO法人まぁーる、                  NPO法人ぎふ多胎ネット  その他各種団体

 

3.協賛団体                                    (順不同)

(公財)資生堂社会福祉事業財団、アピ(株)、岐阜加納ロータリークラブ、アサヒ飲料販売(株)、

住友生命相互会社岐阜支社、(株)岐阜文芸社

 

 

4.協力団体

  岐阜県(子ども家庭課、各子ども相談センター)、(株)岐阜フットボールクラブ その他

 

 

5.後 援(予)                                                                 (順不同)

厚生労働省、岐阜県、全国児童家庭支援センター協議会、岐阜県助産師会、岐阜新聞社・岐阜放送、岐阜県警察、岐阜県社会福祉協議会、NPO法人岐阜県レクリエーション協会、岐阜県小児科医会、岐阜県里親連合会、岐阜県人権擁護委員連合会、(公財)岐阜観光コンベンション協会、岐阜城ライオンズクラブ、岐阜長良川ライオンズクラブ、国際ソロプチミスト岐阜、国際ソロプチミスト岐阜―長良、中部学院大学、中部学院大学短期大学部、岐阜聖徳学園大学、岐阜聖徳学園大学短期大学部、岐阜市、大垣市、多治見市、関市、美濃加茂市、可児市、瑞穂市、大野町、北方町、本巣市、各務原市、羽島市、笠松町、岐南町

 

 

6.会 期

 

令和元年10月20日(日)

 

 

7.参加対象

児童福祉関係者(民間・地方公務員)をはじめ、NPO法人、学生、市民等この活動に賛同する者

 

 

8.対象地域

                                         (順不同)

岐阜市・大垣市・多治見市・関市・美濃加茂市・可児市・瑞穂市・各務原市・大野町・北方町・本巣市・羽島市・笠松町・岐南町

 

 

記事一覧へ
pagetop
©オレンジリボンたすきリレー全国ネットワーク
All Rights Reserved.