トピックス-TOPICS-

2020.03.21開催報告〈岐阜〉 第12回 岐阜オレンジリボンたすきリレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事業等の名称 第12回 岐阜オレンジリボンたすきリレー
期日又は期間 令和元年10月20日(日)
事業等の実施場所 ゴール会場:メモリアルセンター長良川競技場(岐阜市長良福光大野2675-28)

木曽川コース:多治見市・可児市・美濃加茂市・関市・岐阜市

長良川コース:各務原市・岐南町・岐阜市

揖斐川コース:大野町・本巣市・瑞穂市・北方町・岐阜市

三川コース:羽島市・笠松町・岐南町・岐阜市

各コース沿道及び中継地施設で事業を実施。

事業等の概要

事業等の内容が明確

に把握できる書類も

添付してください。

11月の児童虐待防止推進月間事業として、オレンジリボンをたすきに仕立て、多治見市・大野町・各務原市・羽島市の4コースからゴールの岐阜市内にあるサッカー競技場までリレーしていくことで虐待防止を呼びかける。リレーの中継地点やゴール会場にて子ども虐待への関心を持ってもらえるようにイベントを組み、多くの方の参加を期待する。
参加者数 ランナー登録数:約250名 ボランティア数:約100名
他の共催・後援者 主 催:オレンジリボン岐阜ネット

主 管:岐阜オレンジリボンたすきリレー実行委員会

協 力:岐阜県(子ども家庭課、各子ども相談センター)、FC岐阜

共 催:(公財)資生堂社会福祉事業財団、アピ(株)、岐阜加納ロータリークラブ、アサヒ飲料販売(株)、住友生命相互会社岐阜支店、(株)岐阜文芸社

後 援:厚生労働省、岐阜県、全国児童家庭支援センター協議会、岐阜県助産師会、岐阜新聞社・岐阜放送、岐阜県警察、岐阜県社会福祉協議会、NPO法人岐阜県レクリエーション協会、岐阜県小児科医会、岐阜県里親連合会、岐阜県人権擁護委員連合会、(公財)岐阜観光コンベンション協会、岐阜城ライオンズクラブ、岐阜長良川ライオンズクラブ、国際ソロプチミスト岐阜、国際ソロプチミスト岐阜-長良、中部学院大学、中部学院大学短期大学部、岐阜聖徳学園大学、岐阜聖徳学園大学短期大学部、岐阜市、大垣市、多治見市、関市、美濃加茂市、可児市、瑞穂市、大野町、北方町、本巣市、各務原市、羽島市、笠松町、岐南町

成果等 1 今大会も前回同様FC岐阜とコラボをしている。試合前にグラウンド内にゴールすることや、ハーフタイムにキャラバン隊でグラウンド内を回ること等で、多くの方へ児童虐待防止のPRを行った。

2 各コースでは県内の他市町から、オレンジ色のたすきを繋いでリレーをし、4コースが一斉にゴールをした。また、中継地ではダンスなど各自でイベントを行ったり、他イベント会場を中継地にしたりすることで、PRを行った。

3 ゴール会場においては、岐阜県内の市町村等のゆるキャラによる児童虐待の啓蒙や、試合観戦に来た方へ啓発物の配布をした。また、『いじめ撲滅・元気創造』より、子どもたちに対してのプロレス教室や試合のイベントを行った。

 

 

 

記事一覧へ
pagetop
©オレンジリボンたすきリレー全国ネットワーク
All Rights Reserved.